真鍋島

真鍋邸とホルトノキ

歴史を感じる邸宅と寄り添うように生える大木。

  • 家族と
  • 友達と
  • カップル
  • シニア
  • 笠岡で見る
  • 笠岡で撮る
スポット情報

真鍋家は平安時代末期から島の有力者として栄えてきました。主屋は国の登録文化財に指定されており、明治初期に建てられた木造家屋で風格漂う書院造りの座敷を有します。
軒先には樹齢250年といわれる太い幹を持ったホルトノキがあります。県内では珍しい樹木で、一説には平賀源内が讃岐に苗木を持ち込んだものが、やがて真鍋家に伝えられたといわれています。

ホルトノキ

ホルトノキは、熱帯~亜熱帯性の常緑高木で、暖かい海岸沿いに自生しています。
ホルトとはポルトガルの意味で、昔、果実の形がオリーブに似ているために誤認され、名付けられた呼び名という説があります。

概要

アクセス

真鍋島「真鍋島港(本浦港)」から徒歩約2分

MAP

関連モデルコース

写真:猫に会いに真鍋島・北木島へ
  • 笠岡で見る
  • 笠岡で食べる
  • 笠岡で撮る

猫に会いに真鍋島・北木島へ

笠岡へのアクセス:笠岡市は岡山県の南西に位置します
笠岡フォトギャラリー:あなただけの笠岡を撮ろう!

探そう!またたび

エリア
誰と
目的
キーワード
おすすめ特集
笠岡宿泊情報
1分でわかる笠岡のトリセツ
笠岡市観光ガイドブック
音声ガイドダウンロードサービス
ページの先頭へ