陸地部

遍照寺多宝塔

岡山県下最古の多宝塔。

  • 家族と
  • 友達と
  • シニア
  • 笠岡で見る
  • 笠岡で撮る
スポット情報

慶長11年(1606)建立の県下最古の多宝塔で、県内に4棟ある多宝塔の中で最古のもので、国の重要文化財に指定されています。遍照寺は駅前の土地区画整理事業により西の浜に移転されましたが、この多宝塔だけは笠岡の中心地の「いちょう公園」に今もなお静かに佇んでいます。隣にそびえる枝垂れイチョウは紅葉の時期を迎えると見事な黄金色に染まり、多宝塔とともに独特な景観を形成します。

枝垂れイチョウ

樹高約25m、推定樹齢400年の巨木。多宝塔と並んでそびえ立つ大きなイチョウの木は、慶長11年(1606年)の多宝塔建立の際、植えられたといわれます。
→詳しくはこちら

概要

住所

〒714-0088 岡山県笠岡市中央町16

アクセス

JR笠岡駅から徒歩2分
山陽自動車道笠岡インターから15分

MAP

入会のご案内
知ってる!? 悠久の時が流れる石の島〜海を越え、日本の礎を築いた せとうち備讃諸島〜
高校生が紹介する笠岡の魅力
笠岡観光協会公式インスタグラム
笠岡フォトギャラリー:あなただけの笠岡を撮ろう!

探そう!またたび

エリア
誰と
目的
キーワード
笠岡へのアクセス:笠岡市は岡山県の南西に位置します
おすすめ特集
笠岡宿泊情報
1分でわかる笠岡のトリセツ
笠岡市観光ガイドブック
音声ガイドダウンロードサービス
高梁川流域観光
遊覧タクシー:時刻表のない旅 タクシーで巡る上質な備後の旅
ページの先頭へ