井笠鉄道を偲びながら,ぶらり旅
(笠岡編・井笠鉄道記念館)

海岸沿いの町笠岡市と内陸部の井原市などを結んでいた井笠鉄道。1971(昭和46)年に本線が廃止されるまで,地域の重要な交通機関でした。その跡地をめぐります。今回は笠岡編です。

おすすめモデルコース

井笠鉄道の最盛期には,笠岡駅と井原駅を結ぶ本線,途中北川駅と矢掛駅を結ぶ矢掛線,井原駅と広島県の神辺駅を結ぶ神辺線の3路線がありました。

開業は1913(大正2)年で,その時の名前は井原笠岡軽便鉄道というものでした。1967(昭和42)年,当時の国鉄井原線の建設決定により,廃線が決まり,1971(昭和46)年に全線が廃線となりました。

その跡地は遊歩道になったり,井原鉄道井原線の路盤に転用されたり,また,笠岡市内部分の多くは区画整理などで消滅しています。

本線の飯山駅舎跡が井笠鉄道記念館として,一般公開されています。ただし決して交通の便が良いところではないので,訪問には乗用車が一番です。また,JR笠岡駅前からバスも運行(井笠バスカンパニー笠岡~矢掛線,新山停留所下車。下車後,西へ徒歩約10分)しています。

井笠バスカンパニー:笠岡~矢掛線時刻表(平日)(土・日・祝日)

観光スポット→井笠鉄道記念館

JR笠岡駅周辺

井笠鉄道・笠岡駅跡

JR笠岡駅と井笠鉄道・笠岡駅は同じ構内にありました。現在,井笠鉄道笠岡駅跡は駐車場になっています。

MAP

西ノ浜北児童遊園地

駅から歩いて5分ほどの所にある,西ノ浜北児童遊園地には当時の客車(気道車ホジ9)が保存展示されています。

平安橋周辺

笠岡駅を出発した井笠鉄道は,左手に山陽本線を見ながら隅田川を渡り,北へと曲がり隅田川沿いを北へと進んで行きました。この辺りは跡地は遊歩道になっています。また,街並みも古い笠岡市街の面影を色濃く残しています。

観光のヒント 

笠岡駅周辺の見どころは,徒歩で十分回れる場所にあります。駅近くの駐車場に車を止めてゆっくり回るのが良いでしょう。

  • JR笠岡駅から約20分
  • 山陽自動車道笠岡インターから矢掛方面へ約10分

交通手段:車

笠岡市井笠鉄道記念館

旧新山駅舎

JR笠岡駅から車で北に20分ほどの所に,笠岡市井笠鉄道記念館があります。建物は大正2年に建築された旧新山駅舎。屋根部分を除けば,ほとんど当時のままの状態で保存されています。

展示室は元待合室で,井笠鉄道にまつわる様々な資料が展示されています。

屋外展示

1号機関車,客車(ホハ1),貨物車(ホワフ1)と鬮場(くじば)駅にあったターンテーブルが保存展示されています。1号機関車はドイツから輸入され,開業当初から昭和30年まで活躍していました。

客車内では,本線廃止日の最終電車運行ドキュメントDVDを見ることができます。

井笠鉄道の歩み

明治44(1911)年

井原笠岡軽便鉄道株式会社設立(大正4年に井笠鉄道株式会社と改称)

大正2(1913)年

井笠本線(笠岡~井原)営業開始

大正10(1921)年

矢掛支線(北川~矢掛)営業開始

大正14(1925)年

高屋線(井原~高屋)営業開始

昭和15(1940)年

神高鉄道(高屋~神辺)を買収。路線総延長が37kmに。

昭和42(1967)年

矢掛支線と神辺支線(井原~神辺)の廃止

昭和16(1971)年

井笠鉄道本線(笠岡~井原)廃止

  • 井笠鉄道記念から約5分

交通手段:車

長福寺裏山古墳群

笠岡市走出・山口地区の境界部分の標高90mほどの丘陵上にある市内最大規模の古墳群です。古墳群は,前方後円墳,造出付円墳,円墳,方墳から構成されています。出土品などから5世紀代に築造されたと考えられており,なかでも双つ塚古墳は備中西部最大の古墳であり,吉備中枢をやや離れたこの地域に,急速に台頭した勢力の存在がうかがえます。

笠岡へのアクセス:笠岡市は岡山県の南西に位置します
笠岡フォトギャラリー:あなただけの笠岡を撮ろう!

探そう!またたび

エリア
誰と
目的
キーワード
おすすめ特集
笠岡宿泊情報
1分でわかる笠岡のトリセツ
音声ガイドダウンロードサービス
ページの先頭へ