六島

灯台と水仙の島。
白い灯台と水仙が美しく青空に映える。

島歩き・島遊び

写真:高島

笠岡市笠岡港から約40kmにあり、笠岡諸島最南端の島であるとともに、岡山県の最南端でもあります。

六島の南約4.5kmにある香川県荘内半島三崎との間は、潮流の速い海峡で、瀬戸内海を横断する大型客船などの重要航路となっています。この航路の安全を守るため、六島には岡山県で最初に灯台が設置されました。

その灯台の周辺をはじめ、島内のあちこちに島民の方々が中心となって植えた水仙が、1月から2月にかけて可憐な花を咲かせ、その水仙群生を目当てにシーズンには多くの観光客が訪れます。

引用:NPO法人かさおか島づくり海社ホームページ

六島の見どころ

図をクリックすると拡大します

群生する水仙が見られる1月から2月にかけてがおすすめ。ゆったりとした時間が流れ、癒しの島として人気が高まっています。


島データ

面積 1.02km2
周囲 4.3km
標高(大石山) 185m
観光のヒント 

写真:六島の水仙

  • 家族と
  • 友達と
  • シニア
  • 遊ぶ
  • 見る
  • 撮る

六島の水仙

青空に映える白い水仙と灯台は島のシンボル

岡山県の最南端に位置する六島。六島小学校やボランティアのみなさんの努力もあって、「灯台と水仙の島…

宿泊施設

施設名 人数 料金 電話番号 サイト
ゲストハウス ゲストハウス島小屋 6人 素泊3,000円~ 090-8377-2897(井関) 公式サイト

六島へのアクセス

図をクリックすると拡大します

六島へは笠岡の住吉港から三洋汽船が運航する定期旅客船を利用します。航路は①の「笠岡~飛島~六島」航路になります。②③の「笠岡~佐柳本浦」航路に乗船した場合、真鍋島から①に乗り換えて六島に行けますが、1日1便のみとなります。

尚、各島へは海上タクシーの利用も可能。人数やプランによって検討してみるのもよいでしょう。

※笠岡には伏越港のフェリー乗り場もありますが、このフェリーは北木島、白石島行きになり、六島には停まりませんのでご注意ください。

Check!
  • 出発は笠岡港住吉乗り場の定期旅客船乗り場から。フェリーは飛島に停まりません。
  • 定期旅客船「笠岡~飛島~六島」を利用しましょう。
  • 間違えて小飛島で降りないように注意!
  • 行き帰りの船の時間はしっかりチェックしましょう!
  • 海上タクシーもおすすめです。

アクセス関連情報

MAP

笠岡へのアクセス:笠岡市は岡山県の南西に位置します
笠岡フォトギャラリー:あなただけの笠岡を撮ろう!

探そう!またたび

エリア
誰と
目的
キーワード
おすすめ特集
笠岡宿泊情報
1分でわかる笠岡のトリセツ
笠岡市観光ガイドブック
音声ガイドダウンロードサービス
ページの先頭へ